フック首相、DBP作戦勝利65周年の記事執筆

(VOVWORLD) - 5月7日の「ディエンビエンフー作戦」の勝利65周年にあたり、グエン・スアン・フック首相は「独立・自主・決戦・決勝の精神を発揮」と題する記事を執筆しました。

その中で、「1954年のディエンビエンフー作戦の勝利は、党とホーチミン主席の正しい指導と民族の独立、国家統一を渇望する全国民、全軍の決戦・決勝の精神による成果である。65年経った現在も、この勝利の意義と歴史的教訓はドイモイ=刷新、国際参入、発展、及び祖国の建設防衛事業に原動力をつける」と強調しました。

また、民族の建設防衛事業を継承して、今後も全党、全国民、全軍は団結し、党と国会の決議に盛り込まれた経済社会発展、国防・安全保障の強化に関する目標の遂行に力を尽くし、迅速かつ持続可能な発展に着実な土台をつくることが狙いです。さらに、民族独立と社会主義を両立させる目標を堅持し、ベトナム共産党の路線・政策を精力的かつ効果的に実施し、全政治システムの効果を向上させ、民族大団結の力を発揮して、現代的で精鋭なベトナム人民軍、人民公安づくりを推進していくとしています。

この機に、ベトナム共産党機関紙「ニャンザン」は「ディエンビエンフー・平和を築く作戦」と題する論評を掲載し、その中で、ディエンビエンフー作戦の勝利は民族の歴史における輝かしい節目となり、旧植民地主義の集結を告げ、人類の発展にも影響を与えた」と強調しました。また、「全党、全国民、全軍は祖国の建設発展事業に取り組んでいる背景の中でも、ディエンビエンフー作戦の勝利の価値は生きており、新しい時代における民族自尊心の強化に貢献している」としています。

こうした中、ベトナム人民軍機関紙「クアンドイニャンザン」は「ディエンビエンフー作戦の光輝とドイモイ=刷新事業の価値」というタイトルの社説を掲載し、今日と今後にもディエンビエンフー作戦の勝利は各世代のベトナム人と世界の平和愛好者の誇りであり続ける」と強調しました。

ご感想

他の情報