フック首相、G7首脳会議への出席とカナダ訪問を終える

(VOVWORLD) -フック首相はトルドー首相に対し、G7首脳会議の成功を祝うと共に、この会議の主催国として務めたカナダの貢献を高く評価しました。
フック首相、G7首脳会議への出席とカナダ訪問を終える - ảnh 1

10日、カナダ・ケベック州シャルルボワで開催されたG7=主要7カ国首脳会議に出席したグエン・スアン・フック首相はカナダのジャスティン・トルドー首相と会談を行いました。

会談で、フック首相はトルドー首相に対し、G7首脳会議の成功を祝うと共に、この会議の主催国として務めたカナダの貢献を高く評価しました。また「ベトナムはカナダとの関係を重視、発展させることを望んでいる」と明らかにしました。

一方、トルドー首相は「ベトナムは地域におけるカナダの重要な相手国である。」と述べると共にG7拡大首脳会議を含め、国際場裏におけるベトナムの役割を高く評価しました。

会談で、双方は両国間の全面的パートナー関係を実質的、かつ、効果的に発展させるため、引き続き協力すること、ベトナムとカナダの外交関係樹立45周年を記念するための活動を共催することで一致しました。双方は国連、APEC=アジア太平洋経済協力、フランコフォニー国際機関、ASEAN=東南アジア諸国連合など地域と国際の場における協力を強化することで一致すると共に、共に関心を持っている地域と国際問題について意見交換をしました。

同日、ケベックで、フック首相はカナダ在留ベトナム人共同体の代表と懇親会を行いました。懇親会で、フック首相は「国外在留ベトナム人はベトナム民族と切り離すことのできない1部である」というベトナム共産党と政府の終始一貫した立場を再度確認した上で、ベトナム政府はカナダを含め、国外在留ベトナム人が母国ベトナムを訪れたり、生産経営活動に投資したりすることを奨励している」と明らかにしました。

同日午後、フック首相率いるベトナム高級代表団はG7首脳会議への出席とカナダ訪問を終え、現地を発ち、ハノイに向かいました。


 

ご感想

他の情報