フランスの労働改正法ストライキが原発へ拡大

(trt.net.tr)フランス石油産業連盟(UFIP)は、週末から現在まで続いている製油所のストライキにより、フランスの戦略的石油備蓄を放出すると発表しました。

フランスの労働改正法ストライキが原発へ拡大 - ảnh 1
(写真:ロイター)

UFIPのキャサリン・ヘンク報道官は、一部の石油備蓄を政府の許可を得て使用すると発表し、連盟のフランシス・デゥセウクス会長は、最悪のシナリオでも3か月間は備蓄から使用し続けることができると述べました。

フランスにある1万2000軒のガソリンスタンドのうち、2400軒ではガソリンが不足し、8軒の製油所ではストライキが行われています。

 新法案を撤回しなければストライキの規模は拡大すると組合が脅した政府は、引き下がらない姿勢を見せています。

ご感想

他の情報