フランス大統領選挙の結果

フランス大統領選挙の結果 - ảnh 1

フランス大統領選挙は6日、決選投票が行われ即日開票の結果、左派・社会党のフランソワ・オランド前第1書記が、UMP保守・民衆運動連合のニコラ・サルコジ大統領を破って勝利しました。
フランス内務省発表の開票結果によりますと、得票率はオランド氏が51・67%で、サルコジ氏は48・33%で、投票率は約81%でした。1958年に始まったフランスの第5共和制で、社会党から大統領が生まれるのはフランソワ・ミッテラン氏以来、2人目となります。現職大統領の敗退も、ジスカールデスタン氏に続き2人目となります。

 オランド氏は7日未明、フランス革命の発端となったパリのバスチーユ広場で勝利宣言し、支持者に向けて「緊縮策をやめたがっている人たちが各国にいる。あなたたちが欧州を変える原動力だ」と述べました。バスチーユ広場で、ベトナムの声放送局のインタビューに答えたオランド氏の支持者1人は次のように語りました。

(テープ)

「オランド氏が出した政策を支持しています。全ての対策をすぐに実施するのは難しいですが、今後5年以内に実施できることを希望しています」

一方、他の有権者は「フランスの今後の課題は山積している」と述べ、次のように語りました。

(テープ)

「楽観視できないと思います。新しい大統領は公約した言葉を履行できなくなっても仕方がありません。これはフランス人の選択肢なのです。」

 一方、サルコジ氏はこれに先立ち、支持者集会で「オランド氏を電話で祝福した」と述べました。オランド氏の就任式は16日までに行われる見通しです。

 

ご感想

他の情報