「ベトナムが米と連携してTPP交渉早期終了を目指す」=ベトナム国家主席


第70回国連総会に際して、28日、ベトナムのチュオン・タン・サン国家主席はアメリカのマイケル・フロマン通商代表と会見しました。

「ベトナムが米と連携してTPP交渉早期終了を目指す」=ベトナム国家主席 - ảnh 1
握手を交わしたサン主席とフロマン代表


会見で、サン主席はアメリカに対し、ベトナムの輸入品に便宜を図るため、ベトナムからの輸入品に対する貿易障壁を撤去するよう求めました。また、ベトナムの市場経済体制を認めると共に、ベトナムの水産物に反ダンピング関税を課さないよう呼びかけました。TPP=環太平洋経済連携協定について、サン主席は、ベトナムはアメリカを始めとするTPP加盟国と連携して、関係各国の利益と発展レベルの格差を配慮した上で、TPP交渉を早期に終了させる決意であると強調しました。

一方、フロマン通商代表は、TPPの枠内にあるベトナムとアメリカの二国間交渉は順調に進んでいると述べるとともに、TPP交渉に楽観的な姿勢を示しました。また、ベトナムとアメリカは、TPP交渉の早期終了に向け、相違点を乗り越えるため、更なる努力が必要だとの考えを示しました。そして、両国は通商関係のダイナミックな成長を維持するため、引き続き協力を強化するよう呼びかけました。


ご感想

他の情報