ベトナムとチェコ、協力関係促進

20日、チェコの首都プラハで、チェコの下院とチェコ駐在ベトナム大使館は、両国の関係に関するシンポジウムを共催しました。

シンポジウムで、チェコを訪問中のベトナム共産党対外中央委員会のホアン・ビン・クァン委員長は発表を行い、ベトナムの「ドイモイ」刷新事業が始まってからこの30年、ベトナムは経済・社会分野で様々な成果を収めていると明らかにしました。クァン委員長は伝統的な協力関係を持っているチェコのような国との関係を重視していると強調しました。

ホァン・ビン・クァン委員長はチェコを訪問中、チェコ共産党のモラヴァ・ヴォジテック・フィリップ書記長と会談しました。会談で、モラヴァ書記長はチェコ在住ベトナム人のチェコ社会への溶け込みを支援すると述べ、エネルギー、交通、機械などの分野における両国の関係をさらに促進してほしいとの希望を表明しました。

同書記長はまた、ベトナムの東部海域、いわゆる南シナ海の問題を多国間や国際フォーラムの場で平和的に解決するというベトナムの立場を支持する考えを示しました。

ご感想

他の情報