ベトナムとバングラデシュ、経済関係発展を推進

(VOVWORLD) -13日午前、政府本部で、グエン・スアン・フック首相は、ASEAN世界経済フォーラム2018に出席する為ベトナムを訪問中のバングラデシュのトファエル・アーメド商業大臣と懇談しました。

席上、フック首相は「ベトナムとバングラデシュ間の貿易取引総額が両国の潜在力と比べまだ低い状態にあることから、両国は、その総額の急増のためにさらに努力する必要がある」と訴えました。また、フック首相は「ベトナムは、農林漁業、紡績縫製、工業などの分野においてバングラデシュへの投資を望む一方、バングラデシュが同国に進出しているベトナムの各企業の経営生産活動に有利な条件を作り出したい意向にある」と明らかにしました。

一方、トファエル・アーメド大臣は「ベトナムは常にバングラデシュの貿易相手国の存在である。現在、バングラデシュの投資環境が急速に改善していることは、ベトナムの投資家にとって良いチャンスである。今後も、良好な政治関係の基で、両国間の経済・貿易・投資関係は急速に発展してゆくだろう」と語りました。

ご感想

他の情報