ベトナムとフランス、国防・安全保障、経済協力を強化

 ベトナムとフランス、国防・安全保障、経済協力を強化 - ảnh 1
写真提供:TTXVN


第70回国連総会に際して、28日午後、チュオン・タン・サン国家主席はフランスのオランド大統領と会合を行ないました。席上、両元首は各レベルの訪問団の交換や国防・安全保障、経済対話を促進することで一致し、経済協力を双方関係の柱に位置づける意向を示しました。また、両国企業に対し、インフラ、交通システムの整備、航空、宇宙、エネルギー、農業、食品加工、環境、スマートシティの開発などでの協力の強化を奨励すると表明しました。

サン主席はフランス側に対し、ベトナム・EU=欧州連合の関係の発展、とりわけ、ベトナムとEUの自由貿易協定の早期締結やベトナムの市場経済体制の認定を支持するとともにベトナムとEUの全面的なパートナー協力協定を早期に批准するよう要請しました。

さらに、サン主席は今後も双方が2015年以降のミレニアム開発目標の実施で緊密に協力するとの希望を表明しました。そして、フランスがベトナム東部海域いわゆる南シナ海に関するベトナムとASEANの立場や2020年から2021年期の国連安全保障理事会非常任理事国へのベトナムの立候補を支持していることに感謝しました。サン主席はフランスに対し、東部海域での平和、安定、航行の自由の確保や国際法に従って、紛争の平和的解決に尽くすよう求めました。

一方、オランド大統領は来る12月初め、パリで開催される第21回COP=気候変動枠組条約締約国会議にベトナムの代表団が参加するよう希望を表明しました。

 

ご感想

他の情報