ベトナムとミャンマーとの友好関係の強化

(VOVWORLD) -フエ副首相は「ベトナムはミャンマーとの関係を重視し、その関係を強化することを望んでいる」と明らかにしました。
ベトナムとミャンマーとの友好関係の強化 - ảnh 1          (写真:TTXVN)

ミャンマーのミン・スエ副大統領の招きに応じて、ヴオン・ディン・フエ副首相は、16日から18日にかけて、ミャンマーを訪問しています。17日、フエ副首相はミン・スエ副大統領と会談を行いました。

会談で、フエ副首相は「ベトナムはミャンマーとの関係を重視し、その関係を強化することを望んでいる」と明らかにしました。

両国関係に関して、双方は訪問団の交換を強化すること、両国間の貿易総額を10億ドルにすることで一致しました。フエ副首相はミャンマー政府に対し、同国に進出しているベトナム企業に有利な条件を作り出すよう提案しました。

また、ベトナム政府はミャンマーに進出しているベトナム企業に対し、ミャンマーの法律を遵守し、ミャンマーの経済社会発展に貢献するよう要求していると明らかにしました。

会談で、双方は平和、安定、協力の維持やベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海を含め、地域の安全保障分野における試練の解決の協力の重要性で一致しました。

双方は1982年の国連海洋法条約を始め、国際法を基礎に、ベトナム東部海域の紛争を平和的措置で解決することを強調しました。双方は国連、ASEAN=東南アジア諸国連合、 ACMECS=エーヤワディ・チャオプラヤー・メコン経済協力戦略会議、 CLMV=カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムのメコン川流域など地域と国際の場における協力強化で一致しました。

同日、フエ副首相はアウンサンスーチー国家最高顧問を表敬訪問しました。


ご感想

他の情報