ベトナムとラオス、労働分野で協力強化

7日、ラオスの首都ビエンチャンで、第4回ベトナム・ラオス労働相会議が行われました。席上、ラオスのオンチャン・タンマボン労働社会福祉大臣は「この会議は、両国が労働・社会分野での協力の強化策を討議し、その協力の質的向上を図るチャンスである」と強調しました。

ベトナムとラオス、労働分野で協力強化 - ảnh 1
チュエン大臣(左)とオンチャン大臣(写真:Pham Kien)

一方、ベトナム労働傷病軍人社会事業省のファム・テイ・ハイ・チュエン大臣は「近年、両省の協力関係は大きく発展し、多様化されてきた」と確認しました。

会議で、双方は、両国政府が締結した労働協力教系の効果的な実施のために取り組むことや、労働・社会福祉・人材育成協力を促進していくこと、両国の各地方と機関の姉妹関係締結を奨励することなどで一致しました。なお、次回の会議は2017年にハノイで開催される予定です。

 

ご感想

他の情報