ベトナムとロシアとの伝統的友好と戦略的パートナー関係を強化

ベトナムとロシアとの伝統的友好と戦略的パートナー関係を強化 - ảnh 1

グェン・スアン・フック首相とベトナム政府高級代表団は、プーチン大統領、メドヴェージェフ首相の招きに応じて、ベトナム時間の16日から18日までの日程で、 ロシア公式訪問を行なっています。

16日、モスクワで行なわれた歓迎式の直後、フック首相とメドヴェージェフ首相は会談を行いました。会談で、フック首相は「ロシアとの伝統的友好と戦略的なパートナー関係を重視するというベトナム共産党と政府の終始一貫した立場を強調すると共に、両国関係を強化するための措置について意見交換をしました。両首相は貿易振興の強化、両国で事業活動を行なっている石油ガス合弁企業の協力を行なうことで一致しました。

双方は軍事技術を始め、国防・安全保障、科学技術、教育養成、文化、観光などの分野における協力を強化することで一致しました。

ベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海で発生している複雑な情勢に関して、双方はこの海域での紛争が1982年の国連海洋法条約を始め、国際法を基礎に平和的措置で解決される必要があるということで一致しました。

会談後、フック首相とメドヴェージェフ首相は石油ガス、投資、幹部育成などの分野における両国の各企業と部門との協力合意書の締結式に立ち会いました。

会談後行なわれた記者会見で、フック首相は次のように語りました。

(テープ)

「会談で、石油ガス探査、文化、社会などの分野における協力プロジェクトが取り上げられました。我々はベトナムとユーラシア経済連合のFTA=自由貿易協定の履行を目指す具体的な措置、及び、両国間の協力を強化するための対策について話し合いました。」

一方、メドヴェージェフ首相はベトナムとユーラシア経済連合のFTAの履行は両国間の貿易活動の強化に寄与することへの希望を表明しました。また、メドヴェージェフ首相は「エネルギー分野における協力は最も重要な協力分野ですが、今後、両国はハイテクや農業、鉱産物の開発など新しい分野での協力を拡大させることを希望する」と述べ、次のように語りました。

(テープ)

「我々は両国の投資家はエネルギー分野だけでなく、他の分野にも投資を行うよう希望しています。現在、ロシア企業は石油ガス分野以外に、ベトナムにおよそ100件の大規模な投資プロジェクトを実施しています。石油ガスとエネルギー分野での協力は戦略的な意義を持っています。」

また、両国の首相は「ハイテクと農業分野における協力に関心を寄せる」と明らかにしました。

ご感想

他の情報