ベトナムと世界各国の仏教、平和な世界作り

(VOVWORLD) -12日午後、北部ハナム省タムチユク仏教文化センターで、政府宗教委員会のブ・チエン・タン委員長は、現地で開催中の釈迦の誕生を祝う国連ウェーサーカ祭に参加するため、ベトナムを訪問中の中国、ラオス、カンボジア、及び、タイの仏教代表団などと個別会見を行いました。
ベトナムと世界各国の仏教、平和な世界作り - ảnh 1 国連ウェーサーカ祭に参加する各国の代表

これらの席で、タン氏は「ベトナムと中国、ラオス、カンボジア、及び、タイは、確実で良好な関係を保っており、共に、平和な地域作りに力を合わせている。ベトナム仏教と、この4カ国の仏教も緊密な関係を持ち、仏教の人道的精神を発揮している。」と明らかにしました。

一方、各国の代表は、今年の国連ウェーサーカ祭の円滑な運営を高く評価し、ベトナム国土の美しさに深い印象を表明し、「国連ウェーサーカ祭がベトナムで開催されることは、その主催国の平和作りに寄与するだけでなく、人類の平和と団結をもたらしてゆく」と認めました。

ご感想

他の情報