ベトナムと南部アフリカ開発共同体との草の根交流を強化

(VOVWORLD) -南部アフリカ開発共同体創設38周年を記念して、17日、ハノイで、ベトナム・アフリカ友好協会は、在ベトナムアフリカ諸国の大使館と連携して、「零細・中小企業の発展」に関するシンポジウムを開催しました。

このシンポジウムで発言に立ったベトナム・アフリカ友好協会のド・ドク・ディン副会長は「ベトナムは、世界各国の友人、信頼にたるパートナーになる用意があると共に、平和・独立・発展の為に取り組む方針である。この数年間、ベトナムはアフリカ諸国を始めとする世界各国との関係発展を重視している。」と明らかにしました。

また、ディン副会長は在ベトナム南部アフリカ諸国の大使館が、ベトナム・アフリカ友好協会との接触を頻繁に行い、草の根交流や、経済・貿易、文化、観光などの分野においてベトナムと南部アフリカ諸国との協力を図るよう期待しました。

ご感想

他の情報