ベトナムとASEAN諸国との多面的な関係を強化

ベトナムとASEAN諸国との多面的な関係を強化 - ảnh 1

11日午後、ハノイで、グエン・スアン・フック首相は在ベトナムASEAN=東南アジア諸国連合加盟諸国の大使らと会見しました。

席上、フック首相は「ASEAN諸国の大使らはベトナムとの友好・多面的な協力関係の強化に全力を尽くす」との確信を表明するとともに、「地域情勢が大きく推移し、各大国間の競争が激しくなっている背景の中で、加盟諸国は、団結で統一したASEAN共同体の構築に努力する必要がある」と訴えました。

また、フック首相は、「ベトナムはASEAN諸国と緊密に連携して、地域の戦略的な問題の解決や、ASEANと域外諸国との関係の強化に貢献する」と確約しました。

さらに、ベトナム東部海域情勢の複雑な推移に関して、加盟諸国に対し、「ASEANの中核的な役割の発揮に取り組むと同時に、団結、および、海上問題に関する共通の立場を維持し、紛争を国際法、中でも1982年国連海洋法条約に従って、平和的措置で解決し、DOC=海上行動宣言を完全履行するとともに、COC=海上行動規範を早期作成し、地域の平和、安定、安全保障を促進するよう」求めました。

ご感想

他の情報