ベトナムにおける汚職防止対策の完備

(VOVWORLD) -リェム副長官は「近年、ベトナムで汚職防止対策は常に行われ、重点的任務として位置づけられている。」と述べました。
ベトナムにおける汚職防止対策の完備 - ảnh 1       アキコ・フジ副所長

28日、ハノイで、政府監査機関は在ベトナムイギリス大使館、UNDP=国連開発計画の代表と協力して、ベトナムにおける省レベルの汚職防止対策評定方法の実施状況に関する研究報告を競技するシンポジウムを行ないました。

シンポジウムで政府監査機関のチャン・ゴック・リェム副長官は「近年、ベトナムで汚職防止対策は常に行われ、重点的任務として位置づけられている。この任務を実施するため、様々な対策が講じられてきたが、重要な対策の一つとして挙げられるのは汚職防止対策に関する国家管理の効果向上ということである。」と述べると共に「汚職防止対策の効果を評定するため、国家機関、社会組織、国際諸組織は省レベルの汚職防止対策実施状況を評定する」と明らかにしました。在ベトナムUNDP代表事務所のアキコ・フジ副所長は次のように語りました。

(テープ)

「2018年の汚職防止法は今年7月に発効されますから、本日のシンポジウムは汚職防止対策のこの2年間の実施状況を見直すことができるようになります。これを基礎に、汚職防止対策の評定に関する問題点を解決し、この法律の施行細則政令の作成に関する建議を出します。2018年の汚職防止法の効果的な施行は持続可能な開発のための2030アジェンダの実現に向けた鍵となります」


ご感想

他の情報