ベトナムのお茶 「世界のお茶」賞を受賞

(VOVWORLD) - 10日、パリで、第1回「世界のお茶」コンクールの授賞式が行われました。その結果、ベトナム北部タイグエン省の緑茶「リゾテ」は2等賞、北部ハザン省の紅茶「カロサ」は3等賞を受賞しました。
ベトナムのお茶 「世界のお茶」賞を受賞 - ảnh 1 「世界のお茶」賞を受賞しているベトナムの代表

EU欧州連合に輸入されるお茶の質の管理を担当しているバーバラ・ドゥフレニ氏は、ベトナムのお茶は専門家から評判を受けていると明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「ベトナムはお茶生産大国で、その大部分を輸出していますが、お茶のピーアールに力を入れていて成果を収めていると思います。特に、ベトナム北部は、お茶の有名な産地からなる「お茶の三角」地帯にあります、ここのお茶は質が高いので、ヨーロッパの人々に愛用されるようになっています。」

一方、フランスのお茶専門家カリーン・バウドライ氏によりますと、お茶の栽培に最適の土壌と気候に恵まれているベトナム北部は、お茶の栽培と加工技術で大きな進展を見せているとしています。

関連ユース

ご感想

他の情報