ベトナムの指導部、インドネシアにお見舞い電報

(VOVWORLD) - インドネシア西部のスンダ海峡で22日夜に発生した津波が多大な人的物的被害を引き起こしたことを受け、ベトナムの指導者らはインドネシアの指導部に見舞いの電報を送りました。

具体的には、グエン・フ・チョン党書記長・国家主席とグエン・スアン・フック首相はジョコ・ウィドド大統領に、グエン・ティ・キム・ガン国会議長はズルキフリ・ハサン国民協議会議長に、ファム・ビン・ミン副首相兼外相はルトノ・マルスディ外相に電報を送りました。

その中で、ベトナムの指導者らはインドネシア国民の痛みを分かち合い、「被災地住民が一日も早く安定した生活を取り戻すよう」祈りました。

なお、インドネシア国家災害対策庁は24日、「インドネシア西部のスンダ海峡で22日夜に発生した津波で、死者数が281人、けが人は1016人、行方不明者も57人になった」と発表しました。

ご感想

他の情報