ベトナムの科学者2人 「アジアの科学者100人」に

(VOVWORLD) -ベトナムの科学者2人が、シンガポールに本社を置く雑誌『Asian Scientist』により、2019年版の「アジアの科学者100人」に選ばれました。
ベトナムの科学者2人 「アジアの科学者100人」に - ảnh 1 リエムさん(左)とヒェップさん= Asian Scientist Magazine

この2人は小児外科医のグエン・タイン・リエムさんと、医学の材料を研究しているグエン・ティ・ヒェップさんです。

51歳のグエン・タイン・リエムさんは、ベトナムに初めて小児腹腔鏡手術やロボット手術を採り入れ、直腸肛門奇形などの手術成績向上に貢献したほか、多くの外科医に技術を教えています。また、ビンメック幹細胞・遺伝子技術研究所所長のグエン・タイン・リエムさんは、ベトナムの幹細胞・遺伝子技術研究を進めています。こうしたリエムさんは昨年、アジアの発展と繁栄に貢献した人・団体を表彰する「日経アジア賞」の第23回の受賞者の1人に選ばれました。

一方、38歳のグエン・ティ・ヒェップさんは、ホーチミン国家大学の教授で、医学で使われる材料の研究で多くの成績を収めています。

ご感想

他の情報