ベトナムの経済成長 2つのシナリオ

(VOVWORLD) - 29日、ハノイで、ハノイ国家大学所属経済大学と、ドイツのFNF財団は共同で、ベトナム経済年次報告2019年版を公表しました。
ベトナムの経済成長 2つのシナリオ - ảnh 1 公表式の様子

「デジタル経済の玄関にある」と題するこの報告は、2019年のベトナムの経済成長について2つのシナリオを出しています。一つ目は、経済成長率が6.56%に、インフレ率が4.21%に達すること。二つ目はそれぞれが6.81%、4.79%に達するということです。その中で、2018年の高い成長率が維持されていることと、ベトナム政府が国の競争力と労働効率の向上に取り組んでいることから、二つ目のシナリオは現実となる可能性が高いとしています。

そしてこの報告は、2045年までのベトナム経済のデジタル化について4つのシナリオを出しています。経済大学所属経済政策研究所のグエン・ドゥク・タイン所長は次のように語りました。

(テープ)

「ベトナム経済のデジタル化は4つのシナリオがありますが、最低のシナリオは現実にならないと思います。ベトナムの現状から見ると、ベトナム経済のデジタル化は、徐々に促進されますが、将来、深化することは間違いはないでしょう。」

ご感想

他の情報