ベトナム・アメリカ全面的パートナー関係を深化

ベトナム・アメリカ全面的パートナー関係を深化 - ảnh 1
写真提供:TTXVN


28日午後、ニューヨークのアジア協会本部で、ベトナムとアメリカの関係正常化20周年にあたり両国関係に関する政策対話が行なわれました。席上、チュオン・タン・サン国家主席は「両国が分かち合える基本的な利益は両国に戦争による後遺症と相違を乗り越え、全面的パートナー関係を構築するため、原動力をつけてきた」と強調しました。

また、サン主席は両国がベトナム・アメリカ共同ビジョンに関する声明とベトナム・アメリカ全面的パートナー関係に関する声明を積極的に実施していますが、政治的信頼の醸成に力を尽くす必要があるとの見解を示しました。

さらに、両国はTPP=環太平洋経済連携協定交渉の早期終結に向け、協力を強化する傍ら、国際法、中でも1982年国連海洋法条約を基礎に海上紛争の解決を促進し、「メコン川下流イニシアチブ」の実施を進め、国際場裏において協力発展、平和維持、安全保障、兵器不拡散、テロ防止、核の安全保障、水資源の保護、気候変動と海面上昇への対応などの分野で協力を強化する必要があると訴えました。

ご感想

他の情報