ベトナム・アメリカ共同声明

(VOVWORLD) - 11日と12日の両日、アメリカのトランプ大統領はチャン・ダイ・クアン国家主席の招きに応え、ベトナムの国賓訪問を行いました。この機会にあたり、双方は共同声明を発表しました。
ベトナム・アメリカ共同声明 - ảnh 1     写真:TTXVN

声明には高級代表団による相互訪問を促進すること、TIFA=貿易投資枠組協定を通じて貿易投資関係を深化、拡大することを明記しています。トランプ大統領の訪問にあたり、120億ドル相当の合意書が締結されました。

両首脳は国防協力関係を深化させ、地域の安全保障分野での試練に対応する決意を表明しました。クアン主席はアメリカ政府に対し、アメリカ沿岸警備隊のハミルトン級カッターをベトナムに引き渡したことに感謝する一方、2018年、アメリカの空母がベトナムに寄港する計画を歓迎しました。双方は2018年~2020年期の国防協力に関する行動計画を発表し、海上安全保障、人道支援と災害救援、平和維持活動、戦争後遺症の克服などの分野での協力を強化するとしています。

さらに、情報交換や共同訓練を促進するとし、戦争後遺症の克服における協力の重要性を訴えました。一方、国民間の交流を進め、相互理解と友好関係の深化を目指しています。

両首脳はインド洋・太平洋の平和、安定、協力、発展の維持に向けての構想を歓迎し、ASEANの中核的な役割を認めると同時に2016年、アメリカ・ASEAN首脳会議で発表されたサニーランズ声明に従って、アメリカ・ASEANの戦略的パートナー関係の強化を公約しました。

そして、朝鮮民主主義人民共和国の核実験に深い懸念を表明し、これは国連安全保障理事会決議に違反し、世界の平和と安全保障を脅かすとしています。また、関係各国に対し、国連安全保障理事会決議を完全に履行するよう促しました。

一方、ベトナム東部海域(南シナ海)での海上・上空の自由航行の尊重と自由で開かれた国際秩序の維持、強化の重要性を強調し、アメリカ・ベトナム、アメリカ・ASEAN共同声明に盛り込まれた東部海域に関する立場を再確認しました。また、DOC=海上行動宣言の完全履行と法的拘束力のあるCOC=海上行動規範の早期作成を呼びかけています。

ご感想

他の情報