ベトナム・カンボジア、国境地帯にある各地方の発展を目指す

(VOVWORLD) - 10日午前、ホーチミン市で、ファム・ビン・ミン副首相兼外相とカンボジアのソー・ケーン副首相兼内務大臣の主催により、第10回ベトナム・カンボジア国境地帯にある各地方の協力発展会議が開幕しました。
ベトナム・カンボジア、国境地帯にある各地方の発展を目指す - ảnh 1

 会議で、ミン副首相は「両国の政治関係は絶え間なく強化されている。経済協力も順調に進められ、2018年の商取引額は46億ドルに達した」と明らかにしました。ミン副首相は次のように語りました。

(テープ)

「国境地帯での商取引が一段と活発になっています。双方は国境地帯貿易協定の交渉を終え、締結に至りました。また、ベトナム・カンボジア国境地帯の模範的な市場の建設工事の9割が完成し、まもなくオープンします。同時に国境検問所の行政手続きが改善され、通関所要時間が縮小されました。」

一方、ソー・ケーン副首相兼内務大臣は両国の国境地帯にある各地方の行政当局は緊密に連携して、2017年の第9回会議で採択された協力計画の実施や国境地帯の治安秩序の維持、商取引の強化に取り組んできたことを高く評価しました。

ご感想

他の情報