ベトナム、ジュネーヴ諸条約の履行を推進

(VOVWORLD) -5日午前、ハノイで、ベトナム外務省は赤十字国際委員会と連携して、ベトナムが国際人道法に関わる1949年のジュネーヴ諸条約に加盟してから60周年を記念するシンポジウムを共催しました。
ベトナム、ジュネーヴ諸条約の履行を推進 - ảnh 1    シンポジウムの様子=Doãn Tấn/TTXVN

国際人道法は戦争の手段や方法を規制する原則や規則、それに一般市民、病人や負傷した戦闘員、戦争捕虜のような人々の人道的保護を扱ったものです。主要な文書としては、赤十字国際委員会の主催のもとに採択された1949年の「戦争犠牲者の保護のためのジュネーブ諸条約」と2つの1977年追加議定書があるとのことです。

開幕式で発言に立ったグェン・ミン・ブ外務大臣補佐官は「ベトナムが1949年のジュネーヴ諸条約に加盟したことは、重要な歴史的節目であり、ジュネーブ諸条約を始めとする国際法の履行を推進する証でもある」と強調しました。

一方、赤十字国際委員会のBEAT SCHWEIZER代表は「赤十字国際委員会は、国際人道法の履行に対するベトナムの積極的な支援と指導的役割を高く評価している。この間、赤十字国際委員会は、ジュネーブ諸条約の履行のために、ベトナム側の民間組織や軍事組織と連携してきた。今後も、国際人道法に関する諸問題についてベトナム政府と対話を続ける意向にある」と明らかにしました。

ご感想

他の情報