ベトナム・チェコ、相互理解を強化


23日、ハノイで、ベトナムのチュオン・タン・サン国家主席は、ベトナムを訪問中のチェコのルボミール・ザオラレク外相と会見し、両国の相互理解を更に強化したいとの考えを示しました。

ベトナム・チェコ、相互理解を強化 - ảnh 1
握手を交わしたサン主席とザオラレク外相(写真:VNA)


サン主席は、チェコが同国在留ベトナム人をチェコの少数民族として認めたことを高く評価し、両国の文化協力を拡大する必要があると述べました。また、両国で企業フォーラムを行い、両国の経済・通商関係を深化させていることに喜びの意を表明しました。そして、チェコ政府がベトナム東部海域、いわゆる南シナ海の問題を懸念していることについて、サン主席は、ベトナムは、大規模な埋め立てや人工島の建設など、国際法を無視して現状変更を目指す一方的な行動に断固として反対し、1982年の国連海洋法条約を初めとする国際法に基づいてこの海域の問題を平和的に解決する方針であると強調しました。

一方、ザオラレク外相は、国際社会で威信を高めているベトナムはチェコの信頼にたるパートナーであると述べました。また、ベトナム東部海域の問題を平和的に解決してほしいとの考えを示しました。


ご感想

他の情報