ベトナム・トルコ企業フォーラム

(VOVWORLD) - ユルドゥルム首相は、両国が自由貿易協定を締結すれば、両国の企業に大きな協力チャンスを与えるであろうとの考えを示しました。

 24日、ハノイで、ベトナム・トルコ企業フォーラムが行われました。フォーラムには、ベトナムのグエン・スアン・フック首相と、ベトナムを訪問中のトルコのビナリ・ユルドゥルム首相が出席したほか、両国の企業70社の代表が参加しました。

ベトナム・トルコ企業フォーラム - ảnh 1 両国の首相と企業代表による記念写真

フォーラムで、両国の企業は、2020年をめどに、両国の貿易総額を40億ドルにするためには、全ての障壁を撤廃する必要があるとの意見を出しました。

一方、ベトナムのヴォン・ディン・フエ副首相は、ベトナムは高い経済成長の維持や、安い人件費、多くの国との自由貿易協定の締結などにより、魅力的な投資先になっていると明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「ベトナムは引き続き、経営投資環境の改善に取り組み、国内外の投資家に便宜を図り、彼らの正当な利益を守っています。現在、ベトナムは、ハイテクや環境にやさしい分野への投資を優先的に誘致しています。また、各国の大手企業だけでなく、中小企業の連携も促進する投資プロジェクト、特に、世界のバリューチェーンへのベトナム企業の参加に便宜を図る投資プロジェクトを奨励しています。」

一方、トルコのユルドゥルム首相は、今回の訪問は両国関係を新しい発展段階に引き上げるであろうと述べ、両国の企業に協力を拡大するよう呼びかけました。ユルドゥルム首相は次のように語りました。

(テープ)

「私たちは、政府レベルだけで両国の経済関係を促進することはできません。経済関係は両国の企業を中心に拡大しなければなりません。これからやるべきことは企業を支援し、企業が直面している障壁を撤廃し、両国企業の取引を奨励することです。」

このように語ったユルドゥルム首相は、両国が自由貿易協定を締結すれば、両国の企業に大きな協力チャンスを与えるであろうとの考えを示しました。

ご感想

他の情報