ベトナム・トルコ経済貿易合同委員会第7回全体会議が行われる

(VOVWORLD) -ベトナムとトルコとの取引総額は現在、15億ドルにとどまっていることは両国の潜在力に劣っているものである。両国は2020年をめどに、その取引総額を40億ドルに引き上げるように取り組むことで一致しました。
ベトナム・トルコ経済貿易合同委員会第7回全体会議が行われる - ảnh 1   ベトナム商工省のチャン・トアン・アイン大臣

13日、ハノイで、ベトナム商工省のチャン・トアン・アイン大臣とトルコの労働・社会保障省のメフメト・ムエッジンオウル大臣の共催のもと、ベトナム・トルコ経済貿易合同委員会第7回全体会議が開かれました。

ベトナム商工省のチャン・トアン・アイン大臣によりますと、ベトナムとトルコとの取引総額は現在、15億ドルにとどまっていることは両国の潜在力に劣っているものです。両国は2020年をめどに、その取引総額を40億ドルに引き上げるように取り組むことで一致しました。

工業分野に関して、双方は中小企業の活動を支援するための措置を取ることで一致しました。投資分野に関して、双方はベトナム計画投資省とトルコの経済省が早期に経済地区、工業団地、輸出加工区管理分野における協力覚書を締結することで一致しました。

その他、双方はエネルギー、食品加工、建設、機械設備などの分野における協力強化で一致しました。会議にあたり、ベトナム商工省のチャン・トアン・アイン大臣とトルコの労働・社会保障省のメフメト・ムエッジンオウル大臣はベトナム・トルコ経済貿易合同委員会第7回全体会議の記録書に署名しました。


ご感想

他の情報