ベトナム・ミャンマー 全面的パートナーシップを合意

(VOVWORLD) - ベトナムのグエン・フー・チョン共産党書記長とミャンマーのテイン・チョー大統領は、両国関係を全面的なパートナーシップに格上げすることで一致しました。
ベトナム・ミャンマー 全面的パートナーシップを合意 - ảnh 1チョン書記長とテイン・チョー大統領の会談 

24日午後、ミャンマーの首都ネピドー市内の大統領府で、同国のテイン・チョー大統領の主宰のもと、ミャンマーを国賓として訪問しているベトナムのグエン・フー・チョン共産党書記長を歓迎する式典が行われました。

歓迎式典後、チョン書記長とテイン・チョー大統領は会談を行いました。会談後の共同記者会見で、両首脳は、会談で双方はベトナムとミャンマーの関係を全面的なパートナーシップに格上げすることで一致したと明らかにしました。また、双方は、ASEAN東南アジア諸国連合の各課題について意見交換を行い、他のASEAN加盟諸国と連携してASEAN内の団結と結合、及び、地域問題解決におけるASEANの中心的な役割を強化するについても合意しました。

ベトナム・ミャンマー 全面的パートナーシップを合意 - ảnh 2 チョン書記長(左)とテイン・チョー大統領(右)

ミャンマーのテイン・チョー大統領は、チョン書記長による今回のミャンマー国賓訪問は両国関係に新しい発展段階を引き上げると強調し、「ミャンマーは常に、ベトナムを含むASEAN諸国との関係を重視ている」と述べました。

一方、ベトナムのチョン共産党書記長は、両国関係を全面的パートナーシップに格上げすることと、達成された合意を効果的に展開することは両国関係に新しいページを切り開き、地域と世界の平和・安定・繁栄に貢献するであろうとの考えを示しました。

この期に、チョン書記長とテイン・チョー大統領は、貿易、文化、税関、教育の分野における4件の協力覚書の調印式に立ち会いました。

ご感想

他の情報