ベトナム・ラオス外交関係樹立55周年集会

(VOVWORLD) - 18日午前、ハノイで、ベトナム・ラオス外交関係樹立55周年、及び、両国の友好協力条約締結40周年を記念する集会が盛大に行われました。
ベトナム・ラオス外交関係樹立55周年集会 - ảnh 1 集会の風景

集会には、ベトナムのグエン・フー・チョン共産党書記長、チャン・ダイ・クアン国家主席、グエン・ティ・キム・ガン国会議長、そして、ラオスのファンカム・ヴィファヴァン国家副主席、在ベトナムラオス大使館のファムヴィハン大使が出席しました。集会で演説にたったチョン書記長は、両国関係の歴史を振り返り、次のように語りました。

(テープ)

「この55年間の道のりを振り返ってみるに、両国の特別な関係の形成と発展をさらに誇りに思うことでしょう。この関係は、親しい伝統的関係から特別な関係へと発展してきたのです。これは、共通の敵との戦い、そして、国の発展事業の中での相互支援に取り組んできた両国民の希望によるものであり、かつての民族解放事業でも現在の発展事業でも両国が収めた多くの成果を導く着実な協力関係でもあります。」

このように語ったチョン書記長はまた、現在、両国の特別な全面的協力関係をさらに発展させることは、両国民の願望であり、両国の指導部の責任でもあると述べ、これは、両国の建設発展事業に貢献していると明らかにしました。

一方、ラオスのファンカム・ヴィファヴァン国家副主席は、「ラオスの党・国家・国民は常に、ベトナムとの特別な関係の維持・発展に全力を尽くしてゆく」と述べ、いかなる状況にあってもその関係は永遠に変わらないと強調しました。

なお、1962年9月5日、ベトナムとラオスは外交関係を樹立しました。そして、1977年7月18日、両国は友好協力条約を締結しました。この協定は、両国の特別な伝統的関係の維持・発展の基礎になったとされています。

ご感想

他の情報