ベトナム、世界の平和のために努力

第1次世界大戦勃発100周年に当たり、29日、国連本部で、国連は「戦争、教訓と持続的な平和のための努力」と題する討論会を開き、ベトナムを含め、約60カ国の代表が参加しました。

ベトナム、世界の平和のために努力 - ảnh 1
チュン大使

席上、ベトナムのレー・ホアイ・チュン国連大使は演説を行い、その中で、平和に関するベトナムの渇望を改めて強調しました。チュン大使は「ベトナムは自国の独立、自由、平和を守るために、戦争の深刻な被害を受けたため、平和に関する全人類の渇望を分かち合っている」と語りました。

また、世界の戦争、衝突の防止に対する国連の重要な役割を強調した上で、「現在も、世界の複数の国で戦争が続いている」と指摘し、「国連が各国間の対話、信頼醸成の促進、武力行使の予防対策などに対する自らの責任を強化するよう」呼びかけました。

 

ご感想

他の情報