ベトナム、世界食糧デーに応える

ベトナム、世界食糧デーに応える - ảnh 1


15日午前、北部山岳地帯ラオカイ省で、農業農村開発省はFAO=国連食糧農業機関ベトナム事務所と協力し、世界食糧デーと同機関の設立を記念する式典を開催しました。今年の「世界食糧デー」は「社会安全保障と農業、貧困解消」をテーマにし、貧困解消や食糧と栄養の安全確保、持続的な発展に向けての生活改善における社会安全保障システムの重要性を強調しています。

式典で農業農村開発省のレ・クォク・ゾアイン次官は次のように語りました。

(テープ)

「ベトナムは2020年までに全国民をあげての社会安全保障システムの拡充に向け、取り組んでおり、雇用創出、安定的な収入、社会保険への加入、貧困下に置かれている人々の援助、医療、教育、浄水などに関する基本的な社会サービスの提供の確保を目指しています。これにより、持続的な貧困解消や政治的安定の維持、経済社会の発展が促進されるでしょう。ベトナムは国連の持続可能な開発のための2030アジェンダの遂行に各省庁、部門、地方、組織、及び全国民の力を活用すると確約します。」

 

ご感想

他の情報