ベトナム・中国の陸上国境線画定に関する会議

ベトナム・中国の陸上国境線画定に関する会議 - ảnh 1
写真提供:TTXVN


24日午前、中国広西省、チワン族自治区の南寧市でベトナムと中国の国境線画定・国境標識の設置に関する議定書、国境線管理規制に関する協定、及び陸上検問所と管理規制に関する協定の5年間にわたる実施状況を総括する会議が行なわれました。

席上、ベトナムのレ・ホアイ・チュン外務次官は「これまでこれらの文書に基づく国境の管理、防衛で収めてきた成果を点検し、弱点と問題点を指摘した上で、解決策を提出する必要がある」と強調しました。また、ベトナムと中国の陸上国境線の管理における協力の効果向上、国境地域の経済社会発展、草の根外交の促進、国境地域の平和、安定を脅かす新たな試練への対応に力を尽くさなければならないとしています。

一方、中国の劉振民外務次官はこの3件の文書の意義と重要性、効力を強調するとともに、これらの文書は両国関係に新たな1ページを切り開いたと同時に国境管理作業や協商と交渉を通じての紛争の平和的解決に基礎を作り出したとの見解を示しました。

ご感想

他の情報