ベトナム共産党代表団、アルゼンチンを訪問

(VOVWORLD) -10月29日から11月1日にかけて、ベトナム共産党のボ・バン・トゥオン中央宣伝教育委員会委員長率いる代表団はアルゼンチンを訪問しました。
ベトナム共産党代表団、アルゼンチンを訪問 - ảnh 1      (写真:Diệu Hương/TTXVN)

訪問期間中、トゥオン氏は、ガブリエラ・ミケティ副大統領兼上院議長、パトリシア・ヒメネス下院副議長を表敬訪問したほか、中道右派のPRO=共和国提案党のハムベルト・スチアボニ党首と会見しました。これらの席で、双方は、両国の党、国会、政府などのチャンネルを通じて、協力関係をさらに推進する為の方策などを討議しました。

トゥオン氏は「この数年間、ベトナムは、経済発展スピードを維持している。この成果により、ベトナムにおける貧困率は1993年の58%から2016年までに5%以下と急減してきた。」と明らかにしました。

一方、アルゼンチンの代表らは貧困解消や経済社会発展、社会問題解決、災害防止対策などに関するベトナムの経験交換をしたいという希望を表明しました。

ご感想

他の情報