ベトナム初のプラスチックごみに関する写真展

(VOVWORLD) - UNDPベトナム事務所のカイトリン・ウィエセン所長は「使い捨てプラスチック製品にノー」、現地で生産される環境に優しい製品を使い、クリーンかつグリーンベトナムづくりに尽力するよう呼びかけました。
ベトナム初のプラスチックごみに関する写真展 - ảnh 1 写真提供: Trong Dat

 6月5日の「世界環境デー」と6月8日の「世界海洋デー」にあたり、4日午後、ハノイ、ハンバイ通り29番地で、UNDP=国連開発計画ベトナム事務所はブルーオーシャンの大使を務める写真家グエン・ベト・フンさんと連携して、「海を救おう」と題するプラスチックごみに関する写真展を開催しました。

開会式で、UNDPベトナム事務所のカイトリン・ウィエセン所長は「使い捨てプラスチック製品にノー」、現地で生産される環境に優しい製品を使い、クリーンかつグリーンベトナムづくりに尽力するよう呼びかけました。

写真展で展示されている100点あまりの写真は「行動のみで、変化をもたらす」というメッセージを掲げ、人々にプラスチックごみへの認識を向上させるとともに、各省庁、部門、企業、市民に対し、プラスチックごみの削減に取り組むよう激励しています。

ご感想

他の情報