ベトナム初の太陽光発電所、稼働

(VOVWORLD) - 5日、中部トゥアティエンフエ省フォンディエン県で、タインコングループとザライ電力会社は共同で、フォンディエン太陽光発電所の落成式を行いました。
ベトナム初の太陽光発電所、稼働 - ảnh 1        (写真:TTXVN

これはベトナム初の太陽光発電所となっています。この発電所は1兆ドン(およそ50億円)の投資額で建設され、その出力が35メガワットです。ザライ電力会社のタン・スアン・ヒェン会長は次のように明らかにしました。

(テープ)

「トゥアティエンフエ省では、3カ所の発電所の建設に投資しています。今後も、フォンディエン太陽光発電所を拡張する計画があります。また、省内で、クリーンエネルギー開発を促進していきます。」

なお、ザライ電力会社は2019年をめどに、この発電所の出力を29・5メガワット上げる予定です。

ご感想

他の情報