ベトナム国会議長、WB総裁と会見


アメリカを公式訪問中のベトナムのグエン・シン・フン国会議長は8日、WB=世界銀行のジム・ヨン・キム総裁と会見しました。

ベトナム国会議長、WB総裁と会見 - ảnh 1
フン国会議長とWB総裁による会見


会見で、フン議長は世界銀行に対し、市場経済関連政策の整備、持続可能な開発に向けた優遇借款の増加、インフラ整備、貧困解消などを引き続き支援するよう希望を表明しました。一方、ジム・ヨン・キム総裁は、世界銀行は、ベトナムを含む世界各国への支援に関心を寄せており、その中で、ベトナムの気候変動対策への支援を重視していると明らかにしました。

会見後、フン国会議長は、世界銀行の主催による「ベトナムの発展と国会の役割」と題するシンポジウムに出席しました。シンポジウムで、フン議長は、ベトナムは国連のミレニアム開発目標を達成したと明らかにし、インフラ整備、貧困解消、人材育成、法整備などを進めてドイモイ(刷新)事業と国際社会への参入を促進していると強調しました。また、国の安全保障と領土保全、及び、気候変動対策はベトナムの最大関心事であると述べ、次のように語りました。
(テープ)

「気候変動による洪水や土砂崩れはベトナムが貧困解消事業で収めた成果を減少させています。ベトナムは世界銀行に対し、貧困状態から抜け出したベトナムが引き続き発展し、世界各国と共に、紛争の平和的な解決及び気候変動対策を目指すために、できる限り便宜を図るよう呼びかけます。これらの世界的な問題は、どこの国でも一国で解決できないからです。」


ご感想

他の情報