ベトナム、国連との協力を最優先事項の一つと見なす

(VOVWORLD) -12日、北部ハナム省で、グエン・スアン・フック首相は、UNESCAP=国連アジア太平洋経済社会委員会のArmida Salsiah Alisjahbana事務局長と懇談しました。
ベトナム、国連との協力を最優先事項の一つと見なす - ảnh 1    写真:VGP/Quang Hiếu

席上、フック首相は「ベトナムは、国際法の制定、平和の維持、衝突の防止、世界的な試練の対応における国連の中核的な役割を重視している。ベトナムは常に、国連を最重要なパートナーとして見なしている」と明らかにしました。また、フック首相は、UNESCAPに対し、ベトナム間の協力プログラムを促進し 、特に、ベトナムの経済社会発展政策の作成と実現、経済成長の克服と推進、インフレの抑制、社会福祉と持続可能な開発の確保、持続可能な開発目標の達成、気候変動の対応などを助けていただきたい希望を表明しました。

一方、Armida Salsiah Alisjahbana女史は、ベトナムが2020年のASEAN議長国としての役割を立派に果たしており、ASEANとUNESCAPとの関係を促進してゆくと期待しました。

ご感想

他の情報