ベトナム、国連ミレニアム目標の実施に成功

ベトナム、国連ミレニアム目標の実施に成功 - ảnh 1
写真提供: Tuoi tre

先頃、ベトナムがECOSOC=国連経済社会理事会理事国に選出されたことに関して、ファム・ビン・ミン副首相兼外相は国内の報道機関のインタビューに応えた際、「ベトナムはアジア諸国の中で、最高の得票率で、2016年~2018年期の国連経済社会理事会理事国に選出された。これは国際社会におけるベトナムの地位、また、経済社会発展へのベトナムの貢献に対する国際社会の高い評価を示す」と強調しました。ミン副首相兼外相は次のように語っています。

(テープ)

「これはベトナムがミレニアム開発目標を成功裏に実施したことに対する高い評価でもあります。ベトナムが国連経済社会理事会に選出されたのは国際社会における我が国の地位を確立するとともに、国連の経済社会発展政策の作成や経済発展へのベトナムの積極的な貢献に対する各国の期待を示しています。」

ベトナムは国連経済社会理事会の一員として、他の理事国53カ国とともに2030年までの持続可能な開発目標の実施計画を討議、提出する任務があります。ミン氏は次のように明らかにしました。

(テープ)

「チュオン・タン・サン国家主席率いる代表団が第70回国連サミットに参加しました。また、持続可能な開発のための2030アジェンダが採択された直後、これらの開発目標を国家戦略と発展計画に盛り込む必要があります。今後、ベトナムだけでなく、全ての国はこれらの目標を実施しなければなりません。」

ミン氏はこのように語りました。

 

ご感想

他の情報