ベトナム、国際社会と伴に気候変動への対応に取組む

(VOVWORLD) - 10日午前、政府本部でチン・ディン・ズン副首相はベトナムを訪問中のIPCC=国連気候変動に関する政府間パネルのHoesung Lee議長と会見しました。
ベトナム、国際社会と伴に気候変動への対応に取組む - ảnh 1         (写真:TTXVN)

席上、ズン副首相は「ベトナム政府は地球規模の気候変動への対応に対するIPCC、とりわけHoesung Lee氏の貢献を高く評価する」と強調しました。また、ベトナム政府と各省庁、機関、科学者は気候変動に関するIPCCの勧告を参考にして、気候変動対応政策、戦略、行動計画の作成に適用してきたと明らかにするとともに、IPCCに対し、気候変動による被害の監視に関する経験を提供するよう要請しました。

一方、IPCCのHoesung Lee議長は「ベトナムはIPCCが総会閉幕後、2030年には平均気温の上昇が1.5度になるという特別報告書を紹介した最初の国である」と明らかにするとともに、IPCCの科学研究の結果は気候変動により、深刻な被害を受けているベトナムをはじめ、各国の気候変動対応政策の作成に役立つとの確信を示しました。

 

ご感想

他の情報