ベトナム在住外国人の出入国住居法案の暫定審査

ベトナム在住外国人の出入国住居法案の暫定審査 - ảnh 1

27日、国会の国防安全保障委員会は、ベトナム在住外国人の出入国・住居法案の暫定審査に関する拡大会議を開きました。この10年にわたって実施されているベトナム在住外国人の出入国・住居法令は、ベトナムの党と国家の一貫した外交路線の実施に寄与してきました。ベトナム在住外国人の出入国・住居に関する法的文書は簡素化されたことにより、ベトナムへの外国人の誘致につながっています。ベトナム在住外国人の住居について、参加者らは「対象者、条件、手順、手続、審査権限に関する規定をさらに具体化させる必要がある」と提案しました。また、「ビザと住居カードの有効期限の統一性を確保しなければならない」と訴えています。国会の国防安全保障委員会委員のゴ・バン・フン少将は次のように語っています。

(テープ)

「末端組織から中央の各部門が外国人を管理するように、外国人の住居に関する具体的な規定を出す必要があります。また、住居法案にさらなる詳細規定を追加するよう提案します。」

なお、会議で、参加者らはビザ発給条件、出入国活動の管理、住居管理などに意見を寄せました。

ご感想

他の情報