ベトナム、子どもの権利実施に向け、経験交換を呼びかける

ベトナム、子どもの権利実施に向け、経験交換を呼びかける - ảnh 1
写真: Nguyen Thuy/TTXVN

4月1日、第132回IPU総会の枠内で、民主・人権委員会は「子どもの権利条約の実施25周年、子どもの生活はよくなったか」と題するシンポジウムを開催しました。

席上、出席者らは現在での子どもの権利の実施状況や子どもの健康ケア、子どもに対する暴力の注視などについて集中的に討議しました。ベトナムのホーチミン共産青年同盟中央委員会のグエン・ダク・ビン第一書記は「ベトナムは子どもの権利条約に盛り込まれた各規定の実施に取り組んできた。ベトナムの2013年の憲法には子どもは国家、社会、家庭の保護、ケア、教育を受けるとともに、子どもに関する諸問題に関し、意見を提出する権利がある。子どもの侵害、虐待、強制労働など子どもの権利を侵害するあらゆる行為が禁止されるという規定が明記された」と明らかにしました。

また、シンポジウムでベトナムの代表団は子どもの権利実施に関する経験の交換を促進するよう提案しました。

ご感想

他の情報