ベトナム、宗教の道徳的価値を高く評価

(VOVWORLD) - 11日夜、ハノイで、グエン・ティ・キム・ガン国会議長は釈迦の誕生を祝う国連ウェーサーカ祭2019に参加するため、ベトナムを訪問中の各国首脳や国連、国際組織の指導者、各国の仏教代表団の歓迎レセプションを主宰しました。
ベトナム、宗教の道徳的価値を高く評価 - ảnh 1

 席上、ガン議長は「毎年、開催される国連ウェーサーカ祭は仏様に感謝の気持ちをささげるためのものである。ご来場の方々は仏教の思想を掲げ、人類共通の利益と世界の平和、繁栄、発展に向け、行動する真の使者である」と強調しました。

(テープ)

「ベトナムで3回目となる国連ウェーサーカ祭の開幕を前に、ウェーサーカ祭に降誕()成道()般涅槃()といった聖なる出来事3つをお祝いするという国連の決定を尊重、支持すると強調します。ベトナムは常に人権を尊重し、仏教をはじめ、各宗教の道徳的価値を高く評価し、信仰、宗教の自由を確保しています。」

ご感想

他の情報