ベトナム政府 裾野産業の発展に集中

(VOVWORLD) - 19日、ハノイで、グエン・スアン・フック首相の主宰の下で、裾野産業を発展させる措置について話し合う会議が行われました。会議には、関連各省庁と地方、企業の代表およそ300人が参加しました。

会議で発言にたったチン・ディン・ズン副首相は、「現在、裾野産業に従事している企業の数は3千社以上で、製造業の企業数の4.5%を占めており、55万人に雇用を創出している」と明らかにしました。

しかし、ズン副首相は、ベトナムの製造業はGDP国内総生産の15%しか占めていないと指摘し、「製造業でけん引役を果たす企業がないことは裾野産業の発展基盤とならない」と述べました。ズン副首相は、政府は裾野産業の発展にできるだけ便宜を図る方針であると強調しました。

ご感想

他の情報