ベトナム文学・詩をピーアール

(VOVWORLD) - 16日、ハノイで、ベトナム作家協会の主催により、第4回ベトナム文学紹介国際会議と第3回詩フェスティバルが開幕し、中央宣伝教育委員会のボ・バン・トゥオン委員長をはじめ、各省庁の指導者や46カ国の詩人、作家、翻訳者およそ200人が参加しました。

席上、ベトナム作家協会のヒュ・ティン会長は発言に立ち、「ベトナム文学は国の状況やベトナム人を如実に反映するため、刷新されながら、民族の伝統的価値観と緊密に結び、世界文学の発展に貢献している」と強調しました。

一方、コロンビアのメデジン詩国際フェスティバルのレンドン会長は「第4回ベトナム文学紹介国際会議と第3回詩フェスティバルは世界各国の文学界に新たな雰囲気を作り出し、独立、平和への夢を思い出させる。この2年間、150カ国の410の都市で詩人数千人は様々な作詩運動を行った」と明らかにしました。

なお、第4回ベトナム文学紹介国際会議と第3回詩フェスティバルは21日まで開催されます。

ご感想

他の情報