ベトナム、男女平等を重要視

14日、ニューヨークの国連本部で、CSW=国連女性の地位委員会第60回会議が開幕しました。24日まで行われる今回の会議のテーマは「女性への権限委譲と持続可能な開発との関係」です。

ベトナム、男女平等を重要視 - ảnh 1
(写真提供:Le Duong/Vietnam+)

開幕式で、ベトナム労働傷病軍人社会事業省のファム・ティ・ハイ・チュエン大臣は、ASEAN=東南アジア諸国連合を代表して発表を行い、その中で、「ASEANは男女平等の確保や、女性への権限委譲において多くの成果を収めてきた。

これらの成果は、労働生産や、経済、政治、社会、教育などの活動への女性の参加の増加や、男女比率不均衡の減少、ASEAN諸国で積極的に進められている男女平等確保活動などに表わされている」と強調しました。

チュエン大臣は、「ASEAN諸国は、CEDAW=女性差別撤廃条約や、1995年の第4回世界女性会議で採択された北京行動綱領を履行し、国連を始め、各パートナーとの協力の強化を通じて、女性の進歩のために取り組んでいくことを再公約する」と強調しました。

ご感想

他の情報