ベトナム、第4回国際ヨガデーに応える

(VOVWORLD) - 16日夜、ハノイ市内のナムトゥリェム区の陸上競技場で、在ベトナムインド大使館は文化スポーツ観光省、及びハノイ市人民委員会と連携して、今年で第4回になる「国際ヨガデーinベトナム2018」というイベントを開催しました。

開会式で、演説に立った在ベトナムインド大使館のParvathaneni Harish大使は「この2年間、ベトナムでヨガは普及になり、ベトナムとインド国民を結びつける絆である」と強調しました。

ベトナム、第4回国際ヨガデーに応える - ảnh 1

開幕後、1200人による共同ヨガ・パフォーマンスが行われた他、インド北東地方のミュージック・バンドの公演が披露されました。

この出来事に応えて、17日午前、北部クアンニン省ウオンビ市にあるイエントウ遺跡地区で、北部各省・市の30あまりのヨガ・クラブのメンバー800人あまりが共同ヨガ・パフォーマンスを行いました。

ベトナムヨガ連合会のブ・チョン・ロイ会長は次のように語っています。

(テープ)

「今年、多くの地方は、国際ヨガデーに応える様々な活動を行っています。クアンニン省が神聖な地でヨガ・パフォーマンスを行ったのは、有意義なことであると思います。これを通して、ヨガの練習者は肉体的・精神的な練習に励むと共に、共同体に対する責任感を高めてもらうでしょう。」

なお、今年の国際ヨガデーに応える諸活動は7月15日まで、ベトナムの11の省と市で行われています。

ご感想

他の情報