ベトナム、第51回ASEAN外相会議に積極的に参加

(VOVWORLD) -ベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相は会議の30件の活動に参加した他、会議に出席していた各国の外相と15件の個別会見を行ったと明らかにしました。
ベトナム、第51回ASEAN外相会議に積極的に参加 - ảnh 1       (写真:TTXVN)

1日から4日にかけて、シンガポールでASEAN東南アジア諸国連合の第51回外相会議と関連会合が開催されました。これに関して、ベトナム外務省のグェン・コク・ズン次官はこの会議開催期間中、ベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相は会議の30件の活動に参加した他、会議に出席していた各国の外相と15件の個別会見を行ったと明らかにしました。

これらの会議と会見で、ミン副首相兼外相は会議で取り上げられた議題に対するベトナムの意見を明らかにし、各国の代表の支持を得ました。その他、ベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海を含め、地域と国際問題に対するベトナムの立場がアセアン加盟諸国と相手国の意見と相違がないことから、共通認識が得られました。

また、ズン外務次官はベトナムは2015年~2018年期におけるASEANインド関係のコーディネーターとしての役割を果たしており、ASEANとインドとの協力関係の強化に貢献してきた。インドはベトナムに感謝の気持ちを表わした。また、ベトナムは2018年~2021年期におけるASEAN日本関係のコーディネーターとしての役割を受け取ったと述べました。


 

ご感想

他の情報