「ベトナム農産物ウィークinフランス2019」、始まる

(VOVWORLD) -このプログラムでは、観光飲食の振興に関する様々なイベントが行なわれます。 

25日、HPA=ハノイ市観光・貿易・投資促進センターは、フランス駐在ベトナム大使館と関連各機関と連携し、パリ中心部から南に約15kmのところにある世界最大級の食品流通拠点「ランジス市場」で「ベトナム農産物ウィークinフランス2019」というプログラムを開催しました。このプログラムでは、観光飲食の振興に関する様々なイベントが行なわれます。今年、ベトナムの企業11社が参加し、青果物、ドライフルーツ、海産物、加工食品、缶飲料、お茶、コーヒー、カシューナッツ、キノコなどの農産物を紹介するブースを多数出展するとしています。

また、会期中には、フランスの小売大手「LEADER PRICE=リーダープライス」とベトナム企業各社の交流会も実施します。この他、フランスの一部のスーパーやレストランと協力し、ベトナムの食材を現地消費者に直接紹介する活動なども行われます。

ご感想

他の情報