ベトナム選手団、任務を全うする

(VOVWORLD) - 30日午前、インドネシアで開催中の第18回ASIAD=アジア競技大会の選手村で、ベトナム選手団団長を務める体育スポーツ総局のチャン・ドク・フアン副局長はベトナムの成績に関するインタビューに応えました。

フアン氏によりますと、現時点ではまだアジア競技大会は終わっていないが、ベトナム選手は当面の任務を全うしました。フアン氏の話です。

(テープ)

「ASIADを前に、ベトナム選手団は少なくとも金メダル1個は獲ろうという目標を設定しました。大会で、ベトナムはローイングで金メダル2個、陸上競技で1個を獲得しました。そして、主催国が初めて導入した武術シラット競技でも金メダルを獲得しました。」

ベトナムスポーツ部門は第18回アジア競技大会での競技を点検した上で、今後の国際競技大会を準備してゆく方針です。

なお、ジャカルタ・アジア大会に派遣されたベトナムの選手は過去最多となり、ベトナムが主催する2021年に行なわれるSEAGAMES=東南アジア競技大会を準備することが狙いです。

ご感想

他の情報