ベトナム、ASEAN内で中国の重要な相手国

(VOVWORLD) -先ごろ、在ベトナム中国大使館により開催された記者会見で、在ベトナム中国大使館の胡鎖錦貿易参事官は「現在、ベトナムはASEAN=東南アジア諸国連合で中国の最も大きな貿易パートナーである。」と強調しました。

また、胡鎖錦貿易参事官は、「今年の上半期において、両国の貿易総額は660億ドルにのぼる見込みである。ベトナムへの中国の輸出成長率は23.5%と、ASEAN諸国の中で一番高くなっている。ベトナムは中国の最大輸出市場の中でトップテンに入っている。一方、中国へのベトナムの輸出成長率は37.4%に達し、ASEANの中で1位に立っている。」と明らかにしました。

投資分野について、胡貿易参事官は、2017年、中国企業によるベトナムへのFDI=外国直接投資額は史上最高となる21億ドルを超えてきたと明らかにし、「今年の初め以降、中国企業によるベトナムへの投資プロジェクトは167件で、その投資総額が3億3千万ドルにのぼっている。」と述べました。また、現在、中国はベトナムに投資している国と地域の中で、6位に立っているとしています。

ご感想

他の情報