ベトナム チュオンサとホアンサの両群島に対する領有権を再確認

(VOVWORLD) - チュオンサとホアンサの両群島に対するベトナムの領有権は明らかです。

4日、外務省の定例記者会見で、外務省のレ・ティ・トゥ・ハン報道官は、アメリカ海軍がベトナム東部海域(南シナ海)で「航行の自由作戦」を実施していることや、多くの国が同海域で軍事練習を行っていることに関する記者団の取材に対し、同海域にあるチュオンサとホアンサの両群島に対するベトナムの領有権、及び、同海域での航行の自由権に関するベトナムの立場を強調しました。ハン報道官は次のように語りました。

(テープ)

「私たちは、チュオンサとホアンサの両群島に対するベトナムの領有権を強調したいと思います。1982年国連海洋法条約のメンバーと、ベトナム東部海域に面した国として、ベトナムは常に、同条約に見合うような同海域での航行の自由権を尊重しております。ベトナムは関係各国に対し、同海域の平和・安定の維持及び法支配原則の尊重を求めました。」

ご感想

他の情報